小学校からのサイクイリング生活!やめられないのだ!
09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 小川内の杉

    朝起きると、タイトルの「小川内の杉」に会いたくなりました。
    場所は、板屋峠と、南畑ダムの中間地点位にあります。

    近い将来、その杉は大きなダムの中に沈む運命にあります。
    700~800年も生きてきたのに・・・残念です。

    早速バイクに跨り、も~も~ランドへ
    体が重くて、も~も~唸ってしまいました。
    DSCF0595.JPG
    いつものこの場所で、ちょっと休憩

    それから
    御笠木峠へ向かっていると、nonさん他数名が、
    萩ノ原峠をハイスピードで登っているところを見てしまいました!
    軽く25km出ていたと思います。
    レベルの違いを痛感しました(感激)

    そして、板屋峠へ・・・
    今日は、くもり空で涼しく登りやすかった!
    DSCF0600.JPG
    それから、今日の目的である、「小川内の杉」に
    会うために坂を駆け下ります。

    DSCF0602.JPG

    杉に話かけました。
    僕:こんにちは、元気してた!精一杯生きてくれよ!
    杉:ありがとう、でも心配無用、僕はダムの中に絶対沈まないからね!
    と聞こえたような・・・(僕って変かも)

    そして帰路へ・・・
    あと何回、この杉に会うことが出来るだろうか?
    がんばって、板屋を100回登るぞ・・・いや50回にしとこうかな(弱気)

    PS.明日は息子がソフトボール大会に出るので、
    スタミナを付けるために焼肉を食べに行きました。

    DSCF0588.JPG
    生ビール半額、263円激安、あ~~旨かった
    し・か・し 残念な事がひとつ
    それは、スパードライじゃなかったんだな~~
    アサヒファンとして、大失態。だって知らなかったんだもん(涙)




    〇口さん、ありがとうございます
    こんばんは~
    お返事遅くなりました。
    早速メールを送りますね!写真が楽しみです!
    〇口さんのコメントに、メルアドの記載があったので、非公開になっていたようです。
    変なメールが届いたらまずいので、非公開のままにしておきますね!
    ぜひ今度、ご一緒しましょうね!
    無題
    こんばんは!
    ハイスピードというよりは、へたれ寸前の姿を目撃されただけです。(笑)
    今度、ポタリングに誘ってください。
    nonさん、久しぶりです!
    こんばんは!
    nonさんに、僕のブログを見てもらって、恥ずかしいやら、うれしいやら
    しかし、あの登りの速さは凄いです。
    自転車が、金属疲労で壊れますよ~(笑)
    機会ありましたら、cycle86のサイクリングへの
    参加をお願いします!
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    この記事にトラックバックする:
    [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [38]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32
    カレンダー
    08 2017/09 10
    S M T W T F S
    1
    3 6 7 8 9
    10 12 13 15 16
    19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    最新コメント
    [09/11 グレッグおかぽん]
    [09/11 Cycle 86]
    [08/27 グレッグおかぽん]
    [08/27 Cycle 86]
    [08/02 グレッグおかぽん]
    最新トラックバック
    プロフィール
    HN:
    グレッグおかぽん
    性別:
    男性
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター





        ◆ graphics by アンの小箱
        ◆ designed by Anne ◆