小学校からのサイクイリング生活!やめられないのだ!
03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 四国 自転車ツアー(つづき)

    2017年1月12日(木)

    今日は朝めちゃ寒かった~
    僕は、こんな寒い冬も好きです。

    先日、久々に九千部に行ったら登りは汗かいて気持ちいいけど、
    下りは手袋の中が汗で濡れて、指先がめちゃ冷えてたまらんかった!
    指先がちぎれそうに痛かった!

    でも楽しかった(笑)

    さてタイトルの「四国 自転車ツアー」のつづきです。

    朝5時スタート、6時ちょい過ぎ発の列車で
    博多駅から輪行で大分経由、幸崎駅で下車



    めちゃ天気良くて最高な出だし!

    別府湾が綺麗だったな~



    そして、四国へ渡るためフェリーのりば佐賀関港へ

    駅から5kmほど走ると到着!

     

    出航まで時間があったので、遅い朝食を乗り場併設の食堂で食べた!
    朝からのかつ丼は最高に旨かったな~

    フェリーに乗ってた時間は70分少々、気持ち良くて軽く寝ちゃった!

    そしていよいよ四国へ上陸!

    この日の目的地、愛媛松山まで107km走ります。



    20代の頃、佐田岬を走った事があったが、ほとんど記憶に無い景色と走った感触!

    もっと走りにくかった記憶があって、20年ほどの間に道路が整備されたからだろうと思う。

    適度なアップダウンできつかったけど、天気が良くて景色が良いせいか気持ち良かった~



    それにしても、大洲市のゆうやけこやけラインの海は綺麗やったな~





    しか~し・・・
    道中ほとんどコンビニが無かった!
    腹減って辛かったな~

    あまりに何もないので駅を見つけて、自動販売機のおしるこを飲んだ(笑)



    やっと松山市内に到着!



    そしてこの日の宿に到着!



    この宿には本当に驚いた!
    宿泊料金3700円!

    どれだけボロイのか楽しみにしていたが、驚くほど広くてとても綺麗だった!

    風呂も無駄に広くてびっくりした!

    おかしいな~と思って調べて見たら・・・


    元ラブホテルだった(笑)
    おもわずもっこりしちゃった!

    しかも5m先にはピンク街の入口が~~
     
     
    さらに、もっこりしちゃった(笑)

    しか~し
    妻に現金1万円しか持たせてもらってなかったから、
    夜は、もんもんしてたまらんやった!

    な~んちゃって(笑)

    そして二日目、今治街道を走ります!
    路側帯のラインには自転車のマークと今治までの距離が書いてありました。



    そして休憩するところには、自転車スタンドがあった。



    このルート、自転車乗りに優しいです。

    そして海が綺麗だった~~
    何回も写真撮りで足を止めた!

     

     

    そしてメインイベントのしまなみ海道!

    来島海峡大橋は圧巻!






    僕の顔の大きさも圧巻(笑)



    それにしても僕はつくづくラッキーマンだと思った(笑)

    以前来た時は、橋の通行料が必要だったが無料になってた!



    島から島をつなぐ橋からの景色、橋の景観の素晴らしかった事!
    ほんと良かったな~









     

    景色を楽しんでたらアッという間に尾道に着いてしまった!
    楽しいと130kmほど走ったが、本当にアッという間だった!

    最後の向島から尾道市内へはフェリーで渡った!



    昨年末最後のサイクリングだったが、
    20代の頃は、年末から年明けにかけて良く旅に出たな~
    と思い出した。

    今はそれが出来なくて、ちょっと寂しい・・・
    やれないことはないが、やったら妻にくらされる(笑)

    しかーし、最高の思い出となった!
    楽しい旅をつまみにビールごっくん!
    最高の一日に乾杯です!
    (^◇^)

    四国 自転車ツアー

    2017年1月9日(月)

    今日は成人式!
    ボーとしてたらアッという間に、正月が明けてた(笑)

    2016年の自転車記録を集計したら

    年間走行距離 8215.3km
    延べ走行距離 191784.7km
    (17歳からの記録)
    年間 油山ヒルクライム 195回

    イベント参加
    ・鳥取グランフォンド 170km 6月
    ・ツール・ド・三陸        9月

    チームサイクリング
    ・北九州藤園ツアー(4月)
    ・糸島ツアー(5月)
    ・遊の谷ツアー(12月)

    一人旅
    ・大分ー阿蘇 (大地震の時に長者原に・・)
    ・仙台(宮城)ー岩手(陸前高田)
    そしてタイトルの
    ・大分ー愛媛(松山)ー広島(尾道)
     
    う~んあんまり走ってない(笑)
    なーんちゃって

    さてタイトルのコース
    12月30日から31日にかけて家の掃除もせずに、ちゃっちゃっと出発!

    12月30日朝5時スタート

    コースはこれ↓

    12月30日
    輪行で大分ー愛媛の佐田岬ー松山 道後温泉

     

    12月31日
    松山ーしまなみ海道ー尾道ー新幹線で博多へ



    2日で合計250kmほど走った。
    天気快晴で最高やった!

    ブログ書きよったら飲みたくなってきた(笑)

    つづきは後ほど
    (^◇^)

    今日も最高!

    2016年12月31日

    今日は大みそか!
    最高!



    ^_^

    いい天気!

    2016年12月30日

    今日はいい天気!





    ^_^

    遊の谷と小川内の杉100回達成(本編)

    2016年12月28日(水)

    明日は会社納め!
    あっという間の1年だったな~
    仕事が面白いとアッという間に1年過ぎちゃいますね!

    さてタイトルの本編を書きたいと思います。

    12月11日(日)のチームサイクリング!



    あっけなく小川内の杉訪問100回達成!

    Cycle86さま、ぴっこりーのさん、お付き合い有難うございました。
     
    来年も、この勢いで仕事に自転車にハゲみたいと思います!

    それから、完成間近の五ヶ山ダムをゆっくり眺めました。
     


    スケールの大きさに驚くばかり!
    ダム建設に尽力された職人さん達の凄さが伝わってきました!

    そして、天気抜群の元、佐賀平野を堪能!





    久しぶりに遠く雲仙普賢岳が見えました!

    それから、坂を下り良く分からないルートを隊長先頭に付いていきました!



    さすが隊長は凄い!

    太陽の方向を頼りにして行っているの?
    いつの間にか目的地「遊の谷」に着いちゃった!





    僕は改装してから初めての訪問!

    凄く綺麗に上品な建屋に生まれ変わってました!

    そして席に着いたら、まずは鳥盛り2人前を注文!

    しばらくして、ご飯が到着!

    盛り具合に胸が膨らみます(笑)



    しか~し

     

    焼き鳥も建屋の上品さに負けない、上品な量だった(笑)

    でも、いつも恒例のこれは見れた!



    味は抜群に美味しかったですよ!

    食いしん坊には物足りないかもしれないけれど、
    普通の人にはちょっと多いかも!?

    そして帰り道、筑後川から見た景色は綺麗だったな~~

     

    楽しいサイクリングを思い出しながら、
    今日も飲みすぎちゃった!
    最高の一日に乾杯です!
    (^◇^)

    [1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
    カレンダー
    02 2017/03 04
    S M T W T F S
    2 3 4
    6 7 8 9 10 11
    13 14 15 16 17 18
    21 22 23 24 25
    27 28 29 30 31
    最新コメント
    [03/07 グレッグおかぽん]
    [03/07 Cycle 86]
    [02/27 グレッグおかぽん]
    [02/27 uruman]
    [02/21 グレッグおかぽん]
    最新トラックバック
    プロフィール
    HN:
    グレッグおかぽん
    性別:
    男性
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター





        ◆ graphics by アンの小箱
        ◆ designed by Anne ◆