小学校からのサイクイリング生活!やめられないのだ!
09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 意外と走りやすい1号線

    2017年3月20日(月)

    今日は、雨予報だったが朝起きたら降ってない!
    やっぱり僕はラッキーマン!

    で、軽く油山へサイクリング!
    桧原桜のツボミは、もうはちきれそうだった!

    もうすぐ春だな~
    ルンルン(笑)

     さてタイトルの「意外と走りやすい1号線」ですが、
    先日用があって東京に行ったついでに、思わず自転車を持って行っちゃった(笑)
    自転車で東京ー神奈川を走ってきた。

    羽田空港からその日の宿まで「自転車で行けるのかな?」と不安だったが何とか行けた!

    途中飛行機をゆっくり眺めた!



    さて、1日目コースはこれ↓


    2日目は神奈川までのコースでこれ↓



    2日で90kmほど走った!

     で、一日目途中、牛丼屋に寄ったがロードバイクに優しい駐輪場があった!

     
    やっぱ東京は違うな~と思った(笑)

    そしてあっという間に二日目(笑)

    国道1号線は、車が滅茶苦茶多くてきっと走りづらいんだろうな~と思っていたが、意外と道が広くて自転車用の路側帯もちゃんと整備されていて結構走りやすかった!

    走り出すと途中多摩川が見えた!





    思わず金八先生を思い出したが、金八先生に出てくる川は荒川だった(笑)



    自転車生活36年、初の神奈川県走行に盛りあがちゃった!

    そしてひたすら1号線から16号線を南下、横浜で景色を堪能!





    やっぱ都会の景色は違うな~と思った(笑)

    そして、どんどん南下

    16号線に入ると田舎ぽくなってきた。

    逗子市に入って感じたのが、志賀島をちょっとオシャレにした感じ?



    ここのトンネルルート面白かった!

    で、逗子海岸に到着!



    ここから10kmほど走ると有名な江の島だったが、家族旅行で行ったことがあるのと、人が滅茶苦茶多かった印象しかなかったので行かなかった!

    逗子海岸はやっぱ都会という感じの海岸だった!

    逗子海岸をバックに自転車を撮ってあげた(笑)



    そして思わず自撮りしちゃった!



    そして後は自転車を輪行袋に詰めて、ヤマト運輸の自転車宅急便で自宅へ運送した。

    自転車をヤマト運輸にあずけたら、ダッシュでコンビニへ!

    そして最後はこれで締めた!



    ごくごくプッハー
    本当最高!!

    今回初めて、自転車宅急便を活用したのが超便利なのが分かった。
    帰りは、ゆっくり飲めて、お土産もゆっくり買えた!
    そしてびっくりしたのが運送金額が意外と安かった事です。
    JCA会員になる必要がありますが、2900円、お勧めです。

    それにしても楽しかった!
    最高の一日乾杯です!
    (^◇^)

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    [686]  [685]  [684]  [683]  [682]  [681]  [680]  [679]  [678]  [677]  [676
    カレンダー
    08 2017/09 10
    S M T W T F S
    1
    3 6 7 8 9
    10 12 13 15 16
    19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    最新コメント
    [09/11 グレッグおかぽん]
    [09/11 Cycle 86]
    [08/27 グレッグおかぽん]
    [08/27 Cycle 86]
    [08/02 グレッグおかぽん]
    最新トラックバック
    プロフィール
    HN:
    グレッグおかぽん
    性別:
    男性
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター





        ◆ graphics by アンの小箱
        ◆ designed by Anne ◆