小学校からのサイクイリング生活!やめられないのだ!
04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 遊の谷と小川内の杉100回達成④

    2016年12月19日(月)

    もういくつ寝るとお正月?

    で、先日ボーナスから妻が僕に小遣い現金1万円をくれた!

    やっぱり僕はラッキーマン!

    しかも、その1万円を自由に使って年末に自転車一人旅の許可をくれた!

    1万円を有効に使うべく宿を探したら・・・
    12月30日に泊まれる宿がありました~~
    3800円と激安~~

    その宿どんだけボロイのか、今から超楽しみ~~

    で、走行距離は体に無理しない1泊2日で250kmを計画してます。

    距離を稼ぐために電車を有効利用する予定です。

    ※僕の小遣いルールは月の現金小遣い1万円(ボーナス月は+1万円)
    +クレジットカードは使い放題ですが・・・

    クレジットカードは利用明細が届くので変な物には使えませ~ん(笑)

    またもやタイトルに関係ない事をダラダラ書いてしまった!

    つづきは、また次回へ・・・
    (^◇^)

    遊の谷と小川内の杉100回達成③

    2016年12月18日(日)

    ようやく今日で仕事の山を越えた!
    やっと、ぐっすり寝れそうです。

    さてタイトルの遊の谷と小川内の杉ツアーの続きです!

    国道385号線をヒーヒー登って杉ちゃん前の橋に到着!

    前回よりさらに水が溜まってた!



    それにしても良い天気だったけど
    ほぼ0℃の気温にさすがの僕でも汗が落ちなかった。

    そして100回目の御対面!



    意外と感動はなかった・・・

    感動よりも、よう100回もアホみたいに、ここに来たな~~
    と自分で自分を笑ちゃった(笑)

    少しは自転車バカになれたかな?(笑)

    小学校5年の春からロードバイクに乗り始め
    数えること自転車歴36年

    益々自転車バカに磨きをかけたいと思います(笑)

    で、眠くなったので続きは後ほど(笑)
    (^◇^)

    遊の谷と小川内の杉100回達成②

    2016年12月14日(水)

    朝から雨

    そして・・・

    毎日毎日ストレスが~~~


    無いのがストレスです(笑)

    今日の帰りに僕のオアシス、スーパーサニーに寄ったら・・・
    レジには僕のタイプの美人ちゃん!

    思わずもっこりしちゃった(笑)
    と下らない事を書いちゃった(笑)

    さて、サニーに寄る一番の目的は、
    美人ちゃんに会う事でないのです・・・

    そ・れ・は・・・

    日々移り変わる商品の数々!
    毎日サニーでその商品たちを見ていると、
    すぐに無くなる商品とずっと有る商品がある!
    そして、大幅に安くなる商品、値を崩さない商品・・・

    注意深く観察するとそこに、
    仕事に活かせるヒントがある事が最近分かちゃった!
    なーんちゃって(笑)
    な~んも分かってない(笑)

    今日も全くタイトルに関係無い事を書いちゃった(笑)

    昨日からの続きです。

    今回のメンバーはリーダー村稀さんとPiccolinoさんと僕の3名
     
    游の谷へ行くコースとしては普通選択しない500mある峠越えの
    国道385号線をひーひ言って登ていたら、
    前方に小川内の杉ちゃんにつながる橋が見えてきました~



    そして、またまたつづく(笑)

    眠くなったから、このつづきは後日!
    (^◇^)

    遊の谷と小川内の杉100回達成①

    2016年12月13日(火)

    毎日毎日忙しい~~~
    もうたまんねっす(笑)

    しかし、僕が会社に入社した頃は、
    当時会社の商品が爆発的に売れて人手が足りなかったので、
    朝は6時から出社し帰りは21時の一人2交代(笑)

    そしてほぼ3ケ月休みがなかった!
    僕って結構根性あったな~
    今の人にこの根性はあるかな?
    思わず自慢しちゃった(笑)

    そう考えると今は楽勝(笑)

    でも、当時の年齢から約30歳プラスされてるから
    キツサはトントン?(笑)

    話はタイトルからかけ離れた愚痴を書いちゃった(涙)
    おっさんになると愚痴が増えちゃう(笑)

    さてタイトルの「小川内の杉100回達成」
    村稀さんの粋な計らいで
    チームサイクリングで行くことが出来ました~

    本当にありがとうございます。

    そして本題のサイクリングの記事へ・・・

    2016年12月11日(日)

    島廻橋交差点サニーに7時集合出発!
    しばらく走ってからの、池から見た朝日が綺麗だったな~



    そしてつづく(笑)

    眠くなったから、このつづきは明日!
    (^◇^)

    嵐の糸島!

    2016年5月6日(金)

    今日は雨の中出勤だったけど、絶好調!
    やっぱり僕はラッキーマン!

    さて二日前の4日は福岡大周回の日だったが・・・

    当日、朝起きると風邪をひいたのか絶不調・・・

    で、Cycle86リーダーへ距離短縮を懇願したら・・・

    快く受けて頂き感謝感謝の雨あられでした~~
    走る気満々の二人には大変申し訳なかったです。
    ありがとうございます。

    で、体調悪くても走ればきっと体調戻るはず~~

    と、いうことで・・・

    行先は糸島で決定!

    メンバーはCycle86リーダーとmaple-tutumiさんの3名

    コースはこれ↓



    それにしても良い天気で最高やった~

    しか~し、超向かい風!!



    向かい風の中、30km/h超えの牽引スピードに「ひいひい」いわされた~

    そして、強風のせいか内海なのに荒れまくり~
    初めて見る糸島の海



    強風で、僕の足はコリコリ!!
    走る気力が無くなりそうな頃、甘いものでも食べようと、GoodタイミングでCycle86さまが、ここに案内してくれた!



    またいちの塩プリン



    身に染みる甘さだった!

    そして、この後立石山へ
    もちろん「ひいひい」言いました~(笑)



    初めて見る景色に感激!

    木が伐採され見晴らしが良くなったそうだ!

    思わず記念撮影をして頂いた!



    ここの景色は本当絶品!

    それから芥屋の大門を裏から初めて見た!



    そして芥屋の大門の表



    裏も表も見ごたえアリ!(笑)

    お腹が減った我々は昼食会場へまっしぐら~

    しか~し開店時間11半の1時間以上早く着いちゃった!

    で、たまたま近所にあった神社へ・・・



    桜井神社!

    中に入るとスケールの大きさにビックリした!





    そしてさらにビックリしたのは、嵐の「櫻井翔」さんと同じ名前の「桜井勝」お守りがあった事だ!

    妻が嵐ファンなので、躊躇なく神社へ800円を納め、それを土産に頂いて帰った!
    「桜井勝」お守りを渡した時のいつも鬼のような顔の妻の喜んだ顔が忘れられない(笑)

    そして穴場の昼食会場「ほもり」さん



    1000円で、唐揚げから旬のタケノコに、沢山の惣菜にカレーライス、焼き飯、他食べ放題!

    写真撮影したが、盛りすぎて絵が汚かったので掲載は割愛させて頂きます(笑)

    そして体調不良も帰るころには全快!
    気のせいだったのかと思うほどだった!

    それにしても楽しかった!
    今回のツアーで「病は気から」を実感させられた!

    最高のサイクリングに乾杯!
    (^◇^)

    [1]  [2]  [3
    カレンダー
    03 2018/04 05
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    9 10 11 12 13 14
    16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30
    最新コメント
    [04/04 グレッグおかぽん]
    [04/02 Cycle 86]
    [03/12 グレッグおかぽん]
    [03/12 Piccolino]
    [03/01 グレッグおかぽん]
    最新トラックバック
    プロフィール
    HN:
    グレッグおかぽん
    性別:
    男性
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター





        ◆ graphics by アンの小箱
        ◆ designed by Anne ◆